【不動産・管理会社の皆様へ】ロープブランコ(無足場)工法で 建物の外壁調査・診断いたします

こんにちは。東京都世田谷区を拠点に塗装工事・防水工事などを行っております株式会社ヤマケンです。

株式会社ヤマケンでは、診断、調査に特化したロープブランコ(無足場)工法での、建物の外壁調査・外壁診断をご提案致します

平成20年4月1日以降、建築基準法第12条の改正により、特殊建築物等定期調査の定期報告にて 外壁全面診断が義務化されました。 人通りの多い位置に面するビルや建物のタイル・モルタル等、湿式工法の壁面では、 以下のいずれかに当てはまる物件は外壁全面調査の対象となりますので注意が必要です。 1.特殊建築物定期調査の部分打診、目視等により異常が認められたもの 2.竣工後10年を越えるもの 3.外壁改修後10年を越えるもの 4.落下により歩行者に危害を加える恐れのある部分の全面打診等を実施した後 「10年」を越えるもの 如何でしょうか、皆さまの建物は大丈夫ですか?

株式会社ヤマケンでは IRATA(産業用ロープアクセス協会)有資格者が対応します

打診調査では、専門の技術者が打診棒を建物の外壁材(タイル・モルタル等)に当て、 先端を転がす事による反響音・感触により浮き等の異常を診断・判定します。   

首都圏だけではなく地方への出張調査対応しております!

北信越・東北くらいまで出張対応しております。長野・新潟・富山などで、雪害などの確認もお任せいただけます。 建物の外壁調査・外壁診断なら、是非、東京都世田谷区の株式会社ヤマケンへご相談ください

  

関連記事

PAGE TOP